*All archives* |  *Admin*

2010/09
<<08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  10>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
催眠
多分、スウェーデンの作家の本を読むのは
これが初めてだと思う。
そのせいなのか、
それともこの作家の書き方の特徴なのか
話の運び方?に最初は慣れず、
頭の中で???がちょっと飛び交ってました。

びすこ♪☆は、作家さんの書き方?
に慣れるのにちょっと時間がかかり、
慣れてしまうとストーリーがすっと
入りやすくなるのですが、
慣れるまで、ストーリーを追うのが大変
という経験が何度かあります。

一度、同じ人のを読むと、
後は別の作品を読んでも大丈夫なのですがね

帯にも書いてありましたが、
スウェーデン作家ものというと、
『ミレニアム』三部作があるのですが、
びすこ♪☆は映画(一作目のみ。二作目、三作目は現在上映中)しか
見ておらず、小説は読んでいないので、
スウェーデン作家の話運びの特徴までは
分からないのですが、

何だか全体に漂う空気感みたいなものは
やっぱり同じなんだなぁ…と感じました。


催眠〈上〉 (ハヤカワ・ミステリ文庫)催眠〈上〉 (ハヤカワ・ミステリ文庫)
(2010/07/30)
ラーシュ ケプレル

商品詳細を見る


催眠〈下〉 (ハヤカワ・ミステリ文庫)催眠〈下〉 (ハヤカワ・ミステリ文庫)
(2010/07/30)
ラーシュ ケプレル

商品詳細を見る

~内容(「BOOK」データベースより)~
ストックホルム郊外で起きた一家惨殺事件。被害者の夫婦と幼い娘をメッタ刺しにするという手口から、背後に異常な動機を窺わせた。かろうじて一命を取り留めたのは15歳の長男と、独立して家を出た長女だけ。捜査を開始したリンナ警部は、催眠療法で知られるバルク医師に少年から犯人逮捕につながる証言を引き出してくれるよう依頼するが…全世界で話題騒然、翻訳権の激しい争奪戦が繰り広げられた、匿名作家のデビュー作。


本筋からはちょっと逸れますが…。
アメリカや今回の北欧の小説に書かれていて
少し驚いたこと…。
(以下、色々意見が分かれる所があると思いますのでたたみます。)

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 最近読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

びすこ♪☆

Author:びすこ♪☆
はじめまして。
びすこ♪☆と申します。
2013/4月現在
びすこ♪☆(39)と夫(48)です。

2007/5月に結婚
しばらく自己流でチャレンジ

2009/4月より専門病院にて治療を開始しました。

2009/9月
 初AIH
2009/11月
 AIH2回目
2009/12月
 AIH3回目
2010/2月
 AIH4回目
2010/3月
 AIH5回目
2010/4月
 AIH6回目
2010/5月
 初採卵周期(撃沈)
2010/6月
 お休み周期
2010/8月
 DHEA服用開始
2010/10月
 採卵周期2
 初胚移植
2010/11月
 胎嚢確認
 心拍確認
 産科デビュー

無事一人目を授かり、
そろそろ次の子へ再始動です。
よろしくお願いします。

結婚式から
結婚レシピ
皇ちゃんの成長
カテゴリ
最新コメント(いつもありがとうございます
gremz
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
ねこ
フリーエリア
カウンター
アクセスカウンター
セフレメル友ライブチャット出会いテレクラ・ツーショット
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。